50代女性 香水

【50代女性】レディース香水8選!あの人気ブランドの香水もご紹介

Pocket

年齢ごとに似合うファッションがあるように、香水も歳を重ねるごとに魅力を引き出してくれる香りが変わります。大人の女性の香水選びでは、若々しさや可愛らしさよりも上品でエレガントな雰囲気が出るものを選びたいところです。

それでも、これまでとは違ったチョイスをしたくても「厚化粧くさいと思われないか心配」「匂いケアもしたいけど香りが強いのはちょっと…」など香水選びに不安がある方もいるのではないでしょうか。どう選んでいいのか分からないままでは、新しい香りをまといたくてもなかなか行動に移せませんね。

そこで今回は、50代の女性に付けてほしいおすすめの香水をご紹介します。ただ強い香りを重ねてごまかすのではなく、自分との相性や目指すイメージに合ったものが見つけましょう!

「そもそも香水の基礎知識がない」「選び方だけでなく、買い方なども幅広く知りたい!」という方には、まず以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。
【香水】ギフト・プレゼントに贈るおすすめの香水を紹介!!

50代女性に合うレディース香水の選び方とは?

50代の女性とひとくくりにしても、香りの好みや香水を付けるシチュエーションは人それぞれです。そんな中でも、50代に合った香水選びをするには「落ち着き感」が一つのキーワードとなります。

「可愛いすぎ」「強すぎ」はできるだけ避けて

例えば、弾けるようなフレッシュフルーツの香りや甘いお菓子のような可愛い香りは、それ単体では年齢に対して子どもっぽい印象を与えがちです。
そういった系統の香水なら、ミドルノートやラストノートで落ち着きを感じるウッディ系やモス系が感じられれば大人の女性も感じられるでしょう。

また、50代女性がまとう強めなパウダリー感やフローラル感は「まるでデパートの化粧品売り場」「お化粧の濃いマダムの匂い」などのイメージで受け取られがちです。同じ系統でも優しく香れば上品で落ち着いた印象となるので、香りの強さも選ぶポイントの一つとなります。

自分らしい香りを見つけよう

これまでも香水のオシャレを楽しんできた方なら、新しい香りのジャンルに挑戦してみるのもおすすめです。「年齢を重ねて改めて嗅いだらとても良い香りだった」なんてことも珍しくなく、昔憧れた香水にチャレンジしてみてもいい年齢ですね。

20代や30代では男性ウケや職場ウケを気にして選んでいた香水も、50代なら自分らしいと感じる香りで香水を選びたいところです。多くの経験を重ねてきたからこそ、無難な香りだけではなく個性的な香りも馴染みやすくなります。

このようなポイントを踏まえて、ここからはおすすめの香りや香水の種類、50代だと気にする方多い匂いケアなど、さらに具体的な香水を選び方を解説します。

香りの系統で選ぶ

香りの系統は香水選びをする上で最も好みが分かれるポイントですが、年齢を重ねるとともに魅力を引き出す香りも変わります。また、同じ系統の中でもブランドによって香り方が全く違う場合もあるので「苦手かも」と食わず嫌いせずにチャレンジしてみてくださいね。

上品な甘さのあるフローラル系

甘い香りが好きな方は、上品さもあわせ持ったフローラル系がおすすめです。優しくほんのりした甘さがあるのはすずらん(ミュゲ)やアイリス、濃厚でセクシーさもある香りならチュベローズやイランイランなどがあります。

そしてフローラルといえば定番なのはローズの香りで、華やかで上品な甘さは大人の女性にぴったりです。産地や製法によって生花や紅茶などさまざまな香りに感じられ、選ぶ楽しさがあります。

甘いフローラル系の香りはフェミニンな印象があるので、年齢的な女性ホルモンの減少を香りで補いたい方にも使ってみてほしいです。

個性を引き出すクールなスパイシー系

フェミニンよりもキリッと涼やかなイメージでいたい方には、スパイシー系がおすすめです。スパイシー系は複雑に調香された香水が多く、時間の経過で香りが変わるなど奥深さもあります。

個性が強い香水でもあるので、自分らしい香りをお探しの方はぜひチャレンジしてみてください。スパイシーさにウッディな香りが入ればより落ち着いた印象に、オリエンタルな香りが入ればさらに個性を引き立たせます。

世代を問わず好感度が高いシトラス系

「何を付けていいのかよく分からなくなってきた」「今まで華やかな香りの香水を使ってきたけどこれからはナチュラルな香りをまといたい」そんな方は、爽やかなシトラス系の香水はいかがでしょうか。

少しビターなグレープフルーツや、上品なフローラル系の香りもあるベルガモットは50代女性には特におすすめ。心が落ち着くようなリラックス感を求める方にも試してほしい香りです。

なお、香りの系統は他にもたくさんあるので、もっと詳しく知りたい方はこちら「【初心者必見】自分にぴったりな女性の香水の選び方を紹介!!」も参考にしてください。

香水の種類で選ぶ

香水は香料の濃度によって種類が分かれ、それぞれ香りの強さや持続時間が異なります。最も濃度が高く香りが強いのが「パルファム」で、ハイブランドの高価格香水に多いタイプです。付ける量の調整が難しく、初めて使用する香りで使うには難易度が高いのがネックとなります。

これから新しい香りに挑戦したい方におすすめなのは、もう少し濃度が低く香りの主張が控えめな「オードトワレ」や「オーデコロン」です。周囲に「香水くさい」と思われる心配が少なく、持続時間も長くて半日程度なのでTPOに合わせて香水を変えることもできますよ。

オードトワレは持続時間が3〜4時間程度で、短い時間の中で香りの変化を楽しめます。オーデコロンは1〜2時間と持続時間が短く最も穏やかに香るタイプなので香水に慣れない方でも扱いやすいです。

日中に使うのはもちろん、寝香水にして自分の香りとして定着させたり、休日など気分を変えたい時に使ったりとさまざまな使い方ができます。濃度が薄いほど手に入れやすい価格になる傾向があるので、いろいろな香りを試して自分にぴったりの香水を見つけてみましょう。

匂いケアを重視して選ぶ

年齢を重ねると、女性ホルモンの減少と皮脂量の増加により加齢臭を感じやすくなります。皮脂の酸化が原因で発生し、男性とは少し違うムワっとした古い油のようなニオイが特徴です。

このような匂いをケアする目的でも香水はおすすめです。しかし、上から強い香りでごまかそうとするのは逆効果となるので避けましょう。特に、まったりとした重ための甘い香りは加齢臭と相性が悪く、余計に不快なニオイを引き立ててしまう可能性があります。

加齢にともなう匂いケアには、加齢臭を包み込むすっきりとしたグリーンノートや、元のニオイを目立たなくするハーバルノートがおすすめです。例えばすっきりとした爽快感のあるローズマリーや、ほのかなハーブ感のあるラベンダーなどがこのタイプに当てはまります。

ラストノートにウッディやモス、スモーキーなど深みのある香調が加わると、より香りが複雑になり加齢臭が目立ちません。ニオイを強い香りでごまかすのではなく、調和させて和らげることを目指して香水選びをしましょう。

50代女性におすすめのレディース香水8選【CHANEL、DIORなど人気ブランド勢揃い!】

ここまでの情報を踏まえて、50代女性におすすめの香水を8つ厳選しました。ぜひ気になる香りを見つけてくださいね!

ギフトソムリエでは、30~40代向けのレディース香水についても解説しています。
30代→「【TPO別】30代女性におすすめの香水!コスパ良く大人の女性を演出
40代→「40代女性におすすめしたいレディース香水8選!!自分に合う香水を見つける方法とは?
他の年代向けのレディース香水と比較することで、より自分にあった香水を理解することができますよ!ぜひ参考にしてみてください。

CHANELレ ゾー ドゥ シャネル パリ ビアリッツ

CHANEL レ ゾー ドゥ シャネル パリ ビアリッツ

CHANEL

レ ゾー ドゥ シャネル パリ ビアリッツ 50ml/13,750円(税込)

マンダリンとスズランが織りなす、爽やかな透明感を感じるフレッシュフローラルの香り。シャネル特有のパウダリーさが控えめな、シトラスを感じる軽めの香水です。

Point -ポイント-

マンダリンをはじめとしたやや苦味のあるシトラスノートが爽やかで、繊細で優しいスズランの香りが上品に引き立ちます。すっきり感のある香りが軽めに香り、化粧品売り場の匂いとも言われるパウダリー感は控えめに。大人の爽やかさとみずみずしいスズランは香り方が優しく、50代で香水デビューする方にも扱いやすいです。シャネルの香水の中では珍しい香調なので、これまでシャネルに苦手意識があった方も試してみてはいかがでしょうか。

50代後半女性

蒸し暑い季節に私が求める、「爽快感と朗らかさ」のある香りです。それでいてどことなく高級感があるところが気に入りました。はじめは青みの柑橘のようなビターさが香りますが、徐々にマンダリンのフルーティーな甘さに変わります。スズランはさりげなさ過ぎて分かりません…。鼻を近づければ4-5時間は肌にうっすら香りが残っていますが、普通にして香っている時間はごく短いです。

参照元:@cosme

50代後半女性

ドゥーヴィル、ヴェニスよりも、日本の女性にはビアリッツが受けそうです。シャネルの香りの中では、クリスタル オードゥ トワレット以来の爽やかさでしょう。ただし、クリスタルほど難解な香りではありません。

参照元:@cosme

HERMES「オー ドゥ ネロリ ドレ

ロジェ・ガレ グリーンティーパフューム ウォーター

HERMES

オー ドゥ ネロリ ドレ 100ml/16,280円(税込)

ふんだんに使用したネロリが贅沢に香り、ラストノートのスパイシーなサフランがドライな印象に。地中海や太陽をイメージした、シンプルな調香の香水です。

Point -ポイント-

甘さや華やかさのある香りが苦手な方におすすめの、中性的な香りが楽しめる香水です。オレンジの爽やかな香りをトップノートに、甘さとほろ苦い大人っぽいネロリの香りが濃厚に香ります。ラストノートのほんのり香るサフランがアクセントになり、いつまでも嗅いでいたいクセになる香りに。アロマ感のある落ち着いた香りなのでビジネスシーンにも向いていて、男性が使っても素敵です。

女性

アロマテラピーオイルのような純粋なネロリがガツンと香り、ちょっぴりサフランを感じ、人によっては床屋臭…な危うい感じになりかけたところで、サフランとネロリが戻ってきて、そして消えます。

参照元:@cosme

女性

雨の日に使用してみましたが心なしか気分がさっぱりしましたし、これからの時期にピッタリのさわやかな香りだと思います。

参照元:楽天市場

ロジェ・ガレグリーンティーパフューム ウォーター

ロジェ・ガレ グリーンティーパフューム ウォーター

ロジェ・ガレ

グリーンティーパフューム ウォーター 30ml/3,850円 (税込)

日本の緑茶をイメージしたシトラスフローラルの香り。グレープフルーツの苦味が緑茶の渋みを表現しつつ、爽やかなシトラスノートはみずみずしく甘い香りのジャスミンと融合。シダーウッドが繊細な和を感じさせ、涼やかでサッパリしています。

Point -ポイント-

優しく香るグリーンティーのオーデコロンは、クセがなくさっぱりしていて使用する場所を選びません。汗ばむ夏でも涼やかにしてくれる爽やかさは、リフレッシュしたい気分の時にぴったり。ジャスミンの甘いフローラル感はあまり主張しないので、シトラス系の爽やかな香水として性別や年齢問わず使用できます。特別なシーンよりもいつもの朝や寝る前など、家族といっしょに日常で楽しみたい香りです。

女性

グリーンティの香りが大好きで、いろんなところから出てるものを使ってきました。こちらのグリーンティはシトラス系の香りが強いです。さわやかな香りでこれからの梅雨のどんよりした季節にはピッタリなんじゃないかと思います。タオルやハンカチなどにつけても楽しめそうです。

参照元:@cosme

女性

渋さ、花、爽やかさがどれもお互いを邪魔することなく、それでいてそれぞれ存在感を消すことなく不思議と纏まっている素敵な香りだと思います。

参照元:@cosme

GUERLAINミツコ

GUERLAIN ミツコ

GUERLAIN

ミツコ 75ml/17,380円(税込)

神秘的な印象のシプレーノートをベースに、爽やかなベルガモットから甘いメイローズ、フルーティーでオリエンタルな香りに変化。大人の女性だからこそ似合う、凛とした強さを感じる香りです。

Point -ポイント-

憧れを持つ方も多い大人の香水で、小説に登場する強い意思を秘めつつ慎ましやかな日本人女性をイメージしています。中性的で深みのあるシプレーとジューシーなピーチの組み合わせは、他にはない独特の香調です。シトラス、フローラル、フルーティーと次々に変わる香りはミステリアスで情熱的。ラストノートのウッディな香りからは懐かしさが感じられます。特別感のある重厚な香りは、優雅な気分に浸りたい時や特別なシーンにおすすめです。

50代女性

年上の友人が付けていた香りがとてもステキで聞いてみたところミツコでした。今まで持っていたイメージは白檀の香りだったのですが、付けてみてしばらく経つととても女性らしい上品な香りに変わるので愛用できそうです。

参照元:楽天市場

女性

ダラダラした日にはつけられない、凛としたものを感じさせる香りです。きちんとした格式高いマダムの香り。おばあちゃんの香りだと思って敬遠していたのが嘘のように今はほぼ毎日愛用する香りになりました。

参照元:楽天市場

DIORジャドール ロー

DIOR

ジャドール ロー 40ml/21,120円(税込)

ディオールのためだけに栽培されているローズとジャスミンをメインに、花々のエッセンスを濃縮した重厚感のある香水です。バニラやチュベローズの優雅な香りを調和させた、ラグジュアリー感溢れるオリエンタルフローラルの香り。

Point -ポイント-

重厚感のある濃厚なフローラルノートが好きな方におすすめ。特別なローズとジャスミンは繊細で香り高く、甘いバニラの香りに包み込まれて優雅で贅沢な気分に浸れます。甘いだけでなく、ほんのりスパイスも感じられるところが大人の女性にぴったり。パルファムで重ための香りが長く続くので、寝る前や朝に一吹きすればずっと香りをまとっていられます。付ける部位によって香り方がかなり変わるので、香りの強さは自分の好みに合わせやすいですよ。

女性

甘い香水は数々つかってきた私ですが、こちらは品格が違いますね~。結構、最初は良くても、ラストがオッサンじみてしまう物が多い中こちらは最後までフェミニン♪どこまでも、全てを包み込むような優しさが漂って、大人の余裕ですね。決して拡散するタイプではなく、華やかなのに派手ではありません。

参照元:@cosme

女性

オリジナルのジャドールが物足りなかった方にお勧め。「金」と名付けるだけあって、より高貴(!?)で濃い感じ。「金色が香水になったらこうなります」と言われたら、納得する。バニラとジャスミンが印象に残る。ローズもほんの少し。洗練された贅沢で暖かく優雅で甘い香りは、華々しい場にふさわしい。

参照元:@cosme

BVLGARIオムニア クリスタリン オードトワレ

BVLGARI オムニア クリスタリン オードトワレ

BVLGARI

オムニア クリスタリン オードトワレ 65ml/12,430円(税込)

まるでクリスタルのような透明感や清潔感を感じるフローラルウッディの香り。ベースにムスクの甘さを感じながら、シトラスと和梨はフレッシュで爽やかに、竹や蓮、サンダルウッドなど和の要素がクリアな印象を与えます。

Point -ポイント-

竹や和梨、蓮など日本に馴染みのある香りをふんだんに使った香水です。爽やかさと甘さがバランスよく、華やかなフローラル感は控えめなのでどんなシーンにもマッチ。青みのあるウッディな香りが大人の気品を加え、いかにも香水といったようなキツさがなく柔らかな香りをまとえます。最後に香るムスクは、リネンの清潔感のある香りからウッディーで芳醇な香りに変化。上品でエレガントな雰囲気を演出できます。

50代前半女性

ほんとに、誰からも文句言われない香りだと思います。無難といえば無難だけど、爽やかで、きれいな香りです。きつくないので、仕事にもつけられます。夏には重宝します。

参照元:@cosme

50代前半女性

一吹き目の立ち上がりの香り、スッキリとしていてとても好みです。この香りは長くは続かず、次第に円やかな香りに変わって来ます。恐らくムスクの香りでしょうか?濃厚な甘美な感じではないのは、蓮の花?か何かの香りで上手いこと和らいでいるのでしょう。全体的にパウダリーな感じで、甘過ぎず、爽やかさもありつつ、場所や性別を選ばず使える感じですね。

参照元:@cosme

LANCOMEトレゾァ オー ドゥ パルファン

LANCOME トレゾァ オー ドゥ パルファン

LANCOME

トレゾァ オー ドゥ パルファン 30ml/7,700円(税込)

ローズの華やかなトップノート、まろやかなバニラとフレッシュなピーチの甘さは落ち着いた女性の香り。濃厚さはさほど感じず、オリエンタルな雰囲気もあるフルーティーフローラルの香りです。

Point -ポイント-

大人の女性だけどどこか可愛らしさも感じる香水で、長く愛され続けるロングセラーです。トップは華やかなフローラルノートですが、意外にもローズ特有のキツさはあまり感じられず女性の美しさを引き出してくれます。また、ムスクやアンバーなど色気を感じる甘さと、バニラやピーチの可愛らしい甘さが調和。グルマンノートほど甘すぎない、上品な甘い香りをまといたい50代女性におすすめです。

50代前半女性

最初につけた時はアンバーが重く感じられましたが、何度か付けるうちにやみつきに…甘くて優しくて、セクシーなのに決して下品にならない。理想の女性の様な感じです。この年になると女同士でも「今日は負けられない。」なんて事もあります。そんな時絶対お勧めです。なんだか、負ける気がしません。

参照元:@cosme

女性

香りがとても良く、柔らかなローズの香りは本当に女性らしさを感じます。時間も長持ちしてくれ、嫌味では無い香りは男性でもかなり良いです。多分一生これだと思います。

参照元:@cosme

サルヴァトーレ フェラガモシニョリーナ エレガンツァ オーデパルファム

サルヴァトーレ フェラガモ シニョリーナ エレガンツァ オーデパルファム

サルヴァトーレ フェラガモ

シニョリーナ エレガンツァ オーデパルファム 100ml/17,930円 (税込)

グレープフルーツのややビターな爽やかさは、すぐに洋ナシやアーモンドの甘い香りと調和。徐々にキンモクセイやムスクが感じられ、爽やかながら芳醇さのあるエレガントな香りに。

Point -ポイント-

お菓子のような甘い香りではなく、アーモンドやキンモクセイが香ることで大人っぽい上質な甘さを表現。フルーティーな爽やかさを残しながら甘く香るので子どもっぽくならず、50代の女性にもよく合います。ラストにかけては奥深いパチュリとムスクがほんのり色気を感じさせ、より魅惑的でエレガントな印象に。香りの強さが持続する香水なので、しっかり香らせたい方におすすめです。

女性

長年愛用しているプールファムに比べるとかなり甘く感じました。ですが甘い中に大人っぽさもしっかりと感じられます。上品で凄く良いです。持続性が良く時折ふんわり香ると幸せな気分になります。

参照元:楽天市場

50代後半女性

最初は甘さよりもちょっと尖った爽やかさが来るのが印象的。これは大丈夫かなとわたし自身が不安になったのですが、あっという間にそのあたりは気にならなくなり、わたしが好きなのは、お昼過ぎに自身から香る、甘さの勝った爽やかさのある香り。上品で若さ(青さ)のあるエレガントな香りとでもいいましょうか。青すぎないところがミソ。モチもそこそこいいです。

参照元:@cosme

香水・定額サブスク!自分で香水を選ぶのが難しい方に

「どんな香水を選べばいいのかいまいちピンとこない」「色々な香りを実際に使ってから選びたい」など、香水選びの決め手に欠けている方には、香水のサブスクサービスがおすすめです。

香水サブスクを利用すると毎月定額で少量使い切りサイズの香水が届き、中には500種類以上の中から気になる香りを選べるサービスもあります。1本約2,000円からと、気軽に買いづらいハイブランドの香水もリーズナブルなのでどんどん新しいものを試せるのは大きなメリットです。

また、自分だけの香りを作る「オーダーメイド香水」や、自分にピッタリの香りを診断してくれる「パーソナル香水診断」などで自分だけの香りを作ることも可能です。香水初心者の方は、まずは香り選びをおまかせしてから自分好みの香調を探してみてはいかがでしょうか。

香水サブスクについては「【2021年最新版】早見表あり!香水サブスク7社徹底比較!」で詳しく解説しているので、気になる方はこちらも参考にしてください。

香水の正しい付け方

香水は種類によって付け方が異なり、適度な強さの香りを楽しむには付ける部位にも注意が必要です。避けたほうが良いのは顔周りで、自分にだけ匂いを強く感じやすく気分が悪くなってしまう可能性があります。紫外線が当たりやすいので、成分の変化による肌トラブルも心配です。

濃度の濃いパルファムは、1〜2滴ほどの少量を肩やウエスト、ヒザ裏などのごく小さい範囲にポイント使いして、接近した時に香るように使います。オーデパルファンやオードトワレは腕や脚など部位単位で、オーデコロンは上から振りかけるなど広範囲に使用して香りをまといましょう。

香水は体温の高さや皮脂と混ざることによっても香りが変化します。香水のさらに詳しい使い方は「【初心者必見】自分にぴったりな女性の香水の選び方を紹介!!」で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。

香水の正しい保存方法

香水は植物原料の精油やエタノールなどを混ぜたもので、保存状態が悪いと劣化して香りも悪くなってしまいます。可愛い香水瓶はインテリアとして飾っておきたくなりますが、保存方法には細心の注意が必要です。

香水瓶の保管場所は、光が当たらず気温が高くなりにくい冷暗所がベストです。太陽光や蛍光灯は紫外線を含み、香水の成分を劣化・変質させてしまいます。また、エタノールは気温が高いと揮発してしまい、香水本来の香りが損なわれる点にも要注意です。

精油は空気に触れると酸化して品質が変わるため、香水瓶のキャップはしっかり閉めましょう。毎日開け閉めを繰り返すとその都度空気に触れてしまうため、容量5ml程度のアトマイザーに移して瓶を開ける頻度は下げてください。

一度開封してしまうとどうしても劣化は防げないので、使用期限は1年程度となります。未開封でも時間が経てば油分はやはり劣化するので、3年以内には使い切りたいところです。

まとめ

50代の女性が付ける香水は、上品さと自分らしさを両立できる香りを選ぶのがポイントです。周囲のウケを気にするばかりではなく、個性を引き出す新しい香りにチャレンジしたい年代でもあります。色々な香りを試せるサブスクサービスなども利用して、自分にピッタリの香水を見つけてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yoshimi Kinoshita

kinoshita_writer

2016年からライターを始め、美容やファッションからお金の話まで幅広いジャンルで活動中です。これまでのライター経験に加え、百貨店勤務経験も活かして楽しくためになる記事を執筆。

-50代女性, 香水