お母さん コーヒー 母の日

母の日のギフトに!1万円台のおすすめコーヒーメーカー8選【自宅でカフェ気分】

Pocket

家事や仕事にと毎日忙しいお母さんに、母の日には癒しの時間に使えるギフトを贈りたいという人も多いはず。コーヒーが大好きだというお母さんなら自宅で本格的なコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーを贈ってみてはいかがでしょうか?

コロナ禍では在宅勤務だけではなく、おうち時間や自宅でくつろぐ時間を大切にしているお母さんにこそ、本格的なコクと香りが楽しめるコーヒーメーカーを母の日のプレゼントにするのがおすすめ。最近ではおしゃれなコーヒーメーカーも多く、置いているだけで心がときめくインテリアの一つとしても活躍してくれるはず。

コーヒーメーカーにはさまざまな種類があり、特徴も異なります。プレゼント選びの前に特徴や知識を知ってからお母さんが喜ぶギフトを選ぶようにしましょう。

コーヒーメーカー以外にも、母の日のプレゼントにぴったりなアイテムをもっと知りたい!という方は、
 以下の記事も参考にしてみてください。
【母の日】気持ちを伝えるギフト・プレゼントとは?おすすめ商品も一挙ご紹介!

目次

コーヒーメーカーの種類とは?

母の日のプレゼントにコーヒーメーカーを贈りたいなら選ぶポイントがいくつかあります。

全自動のコーヒーメーカーにはドリップ式とエスプレッソ式、カプセル式の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。コーヒーは淹れるときの抽出方法によって風味や味わいが変わってきます。それぞれが持つ特徴やメリットデメリットを詳しく解説しているので、母の日のギフトにコーヒーメーカーを選びたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

手軽に本格的なコーヒーを味わうならドリップ式

豆引きから抽出まで簡単な操作で本格的なコーヒーを楽しみたい人に贈りたいのは「ドリップ式」のコーヒーメーカーです。「ドリップ式」のメリットは飲みたいときに必要な量を淹れることができ、ミル付きなら豆を挽く所から抽出している最中に部屋中に広がるコーヒーのいい香りまで存分に楽しめます。

ドリップ式のメリットは、自分で手作業でコーヒーを淹れるよりも、もっと手軽に淹れたての本格的なコーヒーを楽しめる点です。コーヒーメーカーで淹れると抽出量と濃さが安定するので、飲みたい時に欲しい分だけ自宅でカフェ気分が味わえます。

コーヒーメーカーにミル、ドリッパー、サーバー全てが揃っているので、届いてすぐに自宅で淹れたての美味しいコーヒーが楽しめるのもギフトとして喜ばれるポイントになります。

「ミル」付きコーヒーメーカーなら挽きたての香りが楽しめる!

ドリップ式コーヒーメーカーは商品によっては、全自動で「ミル」がついているもの、ついていないものに分けられます。

Point -ポイント-

コーヒーメーカーの「ミル」とはコーヒー豆を挽いてくれるいわば臼のような役割をします。

こだわりのあるお母さんに贈りたいのは、豆を挽くところから抽出までワンストップでできるのがミル付きのドリップ式のコーヒーメーカー。「全自動式」でミル付きのコーヒーメーカーは豆を挽いてから抽出までシンプルな操作で完了するので人気があります。

コーヒーは豆を挽いて時間が経過するごとに酸化し本来の豆が持つ独特の香りやコクが失われます。豆本来の香りまで楽しんで欲しいなら、ミル付きのコーヒーメーカーを選ぶとよいでしょう。

ミル付きコーヒーメーカーのメリット・デメリット

「ミル」には、プロペラ式(グレートグラインダー)と石臼式(コニカルカッター/フラットカッターディスク)の2種類があります。
プロペラ式のミルは手ごろな値段で購入できる反面、挽きムラや微粉が出ることも。摩擦熱も生じやすいデメリットがあり、豆が本来持つ香りや風合いを損なうこともあります。
プロペラ式は粗挽きなら短めに、細かく挽きたいなら時間を長くと、豆の挽き方を時間で調節出来ます。簡単な作りなのでお手入れもしやすいです。

石臼式のドリップコーヒーメーカーはプロペラ式よりコーヒー豆そのものの風合いを損なうことはないメリットがあるものの価格が高額なものが多いです。ダイヤルで豆の挽き方を調節できるので使いやすいのも特徴の一つです。

ミルが付いていないコーヒーメーカーを使用する際には、挽いた豆を購入する必要がありますが、ミルのお手入れが不要になるので手軽に淹れたてのコーヒーが味わえます。

フィルターの形状もお手入れポイントに

ドリップ式のコーヒーメーカーを選ぶときにはフィルターがペーパー式になるのか、メッシュ式になるのかも確認しておきましょう。ペーパー式は手軽に捨てられますが、コストや購入の手間がかかります。メッシュ式は洗って何回も使える反面、コーヒーの微粉が入るのが苦手な人にはおすすめできません。

コーヒーメーカーを母の日のギフトに選ぶならメッシュ式ならスペアも一緒に、ペーパー式ならお好みの豆とストック用ペーパーフィルターをセットでプレゼントしても喜ばれます。

Point -ポイント-

ドリップ式のコーヒーメーカーはサイズが比較的大きいものもあるのでスペースを取ることもあります。母の日のギフトとして贈る際にはライフスタイルや設置スペースを考えて贈るようにしましょう。

コーヒーメニューを自宅でもたくさん楽しみたいならエスプレッソ式

豆を蒸気の圧力で抽出する「エスプレッソ式」のコーヒーメーカー。マシーンからカップにコーヒーを直接注げるので出来立てをすぐに味わえます。鯵はドリップ式よりも濃い目。ミルクを同時に温められるものもあります。

カフェラテ、キャラメルマキアート、カプチーノなどメニューを豊富に作れるのもエスプレッソ式コーヒーメーカーの魅力です。ミルでコーヒー豆を挽く本格派ですが、ドリップ式よりも高額になるデメリットがあります。

お手入れ不要で好きなフレーバーが楽しめるカプセル式

飲料メーカーが販売しているカプセルをセットすると本格的なコーヒーが楽しめる「カプセル式」のコーヒーメーカー。カプセルの種類も豊富でセットも簡単なうえ、カプセルを捨てるだけでお手入れ要らずなので、豆を選んだり、コーヒーメーカーを洗ったりする手間が少なくて便利です。

デメリットはカプセルを使えるメーカーが決まっていることです。使えるコーヒーブランドが決まっているので専用のカプセルが必要になります。またカプセル式はドリップに比べて割高になることも懸念点です。

Point -ポイント-

カプセル式のコーヒーメーカーを選ぶならお母さんが好きなコーヒーブランドのカプセルが使える物を選ぶことが大切です。

【母の日】おすすめのコーヒーメーカー8選

母の日のギフトを選びたいという人にむけて1万円以内で購入できるコーヒーメーカーを8つご紹介します。おしゃれなものや本格的なもの、ミルがあるものなど、お母さんの好みやライフスタイルに合わせたコーヒーメ―カーを口コミ付きで紹介しているので母の日のプレゼントを探している人はぜひポイントを抑えて選んでみてくださいね。

スッキリとしたスタイリッシュなデザインがおしゃれな象印の「STAN.」

象印

「コーヒーメーカーSTAN.」 (ミルなし)  価格帯:8,412円~ (小売希望価格/オープン価格)

扱いやすさとシンプルさにこだわった「象印 コーヒーメーカー STAN.」容量は約360mlと、マグカップ2杯分のコーヒーが一度に抽出できます。幅15.0cm / 奥行き23.5cm / 高さ22.5cm、重さ1.8kg。キッチンにスッキリと馴染むシンプルなデザイン。

Point -ポイント-

ヒーターで水を2回加熱し、高温の熱湯と蒸気でコーヒー豆全体を蒸らしてからドリップする「ダブル加熱・高温抽出」で、コーヒー本来の芳醇なコクと香りが楽しめます。水道水のカルキは雑味の原因。「浄水フィルター」がカルキを除去し、水道水でもクリアなコーヒーの香りと味を引き出します。水タンク、ガラス容器とフィルター部分も全て取り外して洗浄可能なので、細かい部品を洗いたくない人におすすめ。

男性

以前は同メーカーの珈琲通EC-AS60でした。古くなったのと、一人では大きいので今回買い換えました。決めてはデザインと今までと同じく95℃での抽出温度です。毎回熱々の珈琲が飲めます。香りも良いです。朝の珈琲タイムが今まで以上に楽しみになりました。

参照元:価格ドットコム

コンパクトでお手入れが楽ちんなMelittaの「エズ SKG56」

Melitta

「エズ SKG56」 (ミルなし) 価格帯:3,000円~(小売希望価格/オープン価格)

「コンパクトでシンプル、毎日手軽にコーヒーを楽しみたい方へ。」がコンセプト。メリタ式1つ穴抽出、高温抽出、しずく漏れ防止機能、保温機能と、日常使いに必須の機能が備わっています。幅18.0cm  / 奥行26.5cm/ 高さ19.5cm、重さ1.3kg。

Point -ポイント-

コスパで選ぶならMelittaのフィルターペーパー式コーヒーメーカー「エズ」がおすすめです。豆の個性を最大限に引き出す高温抽出で、コーヒーの持つベストな味と香りを抽出します。保温プレート付きなので、コーヒーはいつでも「適温=美味しい」をキープ。しずく漏れ防止機能でプレートが汚れにくく、後片付けも楽々。

40代 男性

先日福袋で購入しました。コーヒーメーカー自体はじめて使用しますが全く何の問題もなく使っています。安くて手入れも簡単でコーヒーが漏れることなどもなく毎日満足です。

参照元:価格ドットコム

安心の2年保証付き!ミル付きで省スペースなアイリスオーヤマ「IAC-A600」

アイリスオーヤマ

「全自動コーヒーメーカ-IAC-A600」(ミル付き) 価格帯:7,200円~

豆挽きからドリップまでを一台ですませてくれる全自動コーヒーメーカー。幅17.7cm/ 奥行き28.6cm / 高さ29.2cm 、重さ2.5kgと省スペースで、コーヒーカップ1〜4杯分が淹れられます。

Point -ポイント-

アイリスオーヤマ「全自動コーヒーメーカー」は、全自動タイプの中でも価格が安いのが特徴。豆の挽き方は「粗挽き」「中挽き」から選択できます。もちろん粉の状態からのドリップも可能。メッシュフィルターなので、紙フィルターの交換や買い置きが面倒な人におすすめです。手順も3ステップ(豆を入れる・水を入れる・モードを選んでスタート)ととても簡単。全自動を手軽に試したい方におすすめです。

女性

2台目です。豆から美味しいコーヒーを淹れられるので大変気に入っていますが、タンクに水が残って、いつまでもポットにコーヒーが落ちて来るようになり、温度も低くなったので買い換えました。新しいコーヒーメーカーはタンクに水が残ることもなく、温度も高くて快適です。2年保証も嬉しいです。

参照元:アイリスオーヤマ公式サイト

プロも愛用!本格仕様でサイフォンを楽しむならHARIOの「テクニカ 3杯用 TCA-3」

HARIO

コーヒーサイフォン「テクニカ 3杯用 TCA-3」(ミルなし)  価格帯:5,305円〜(小売希望価格/:10,450円(税込))

プロも愛用するHARIOのコーヒーサイフォン。専門店で見かけるおしゃれなサイフォン式のコーヒーは、実は自宅でも楽しめます。幅16.0cm /奥行き95.0cm /高さ34.0cm、重量1.2kg。全ての部品が交換可能。長く使えるサスティナブルさも時代にマッチ。

Point -ポイント-

コーヒーを淹れることそのものを楽しみたいなら、HARIOのコーヒーサイフォン「テクニカ 3杯用 TCA-3」がおすすめです。「手軽に・簡単に」という流れに逆行する、アルコール式のレトロなスタイル。コーヒーを抽出する奥深さと楽しさにハマる人も多い名品。5,000円程度の低価格ながら、ゆっくりとコーヒーを淹れる有意義な時間を感じられます。エコでクリーンなライフスタイルによく馴染みます。

50代 男性

プロの味を支えている、ハリオのコーヒーサイフォン

◆業務用のガスバーナーもアルコールランプも使用できるスタンドデザイン

◆ハリオのコーヒーサイフォンはガラスボール(上ボール・下ボール)が割れてもパーツを交換すれば、長く使えます。

参照元:Rakuten

気分によって淹れ方を手軽に変えられるタイガーの「ADC-A060」

タイガー

「コーヒーメーカー ADC-A060」(ミルなし) 価格帯:4,700円~(小売希望価格/オープン価格)
色展開:サックスブルー・ダークブラウン

2段階濃度調節「テイストマイスター」が特徴の、タイガーのミルなしコーヒーメーカー。幅15.4cm /奥行き27.2cm /高さ30.1、重量1.9kgの縦置きスリム型。スペースに余裕が無いキッチンでも気軽に置けるサイズです。

Point -ポイント-

「テイストマイスター」は、まるでハンドドリップのようにお湯の注ぎ方と豆の浸し時間を変えられます。その日のコーヒーの種類と気分に合わせて、「マイルド」と「ストロング」の2つのテイストを選択。淹れ方にバリエーションが生まれます。最大6杯分まで入れられるステンレスサーバー付属。専用のトレイを設置すればマグカップに直接ドリップできるので、1人分のコーヒーをさっと淹れたい時にも便利。

40代 女性

清潔に保てコンパクトサイズがよいです。コンパクトなデザインです。豆も均等に蒸らされて我が家では満足しています。お水入れ、フィルター、ポットの蓋と全てが外れて洗えて清潔。お水の注ぎがこぼすことなく入れられて良いです。主に朝2人分を入れるので、スイッチオフ機能もなくて問題ありません。ブラウンはかなり濃い目です。

参照元:Rakuten

ペーパーレスフィルターでプロ仕様のDeLongh「アクティブ シリーズ」

DeLonghi

コーヒーメーカー「アクティブ シリーズ」 価格帯:4,236円~(小売希望価格 :6,380円(税込))

コーヒーの抽出と保温に最適な温度を実現したDeLonghiコーヒーメーカー「アクティブ シリーズ」は、ハイブランドのコーヒーメーカーを1万円以下で楽しめます。幅15.5cm /奥行き28.5cm /高さ27.5cm /、重量1.4kg。省スペースな本体でも機能は充実。

Point -ポイント-

ドリップ・保温・ドリップストップ・自動電源オフ・アロマの機能を搭載。蒸らしながらドリップする、ハンドドリップの基本の手法を再現。ゆっくり時間をかけて抽出するアロマ機能で、プロが淹れたようなコーヒーを楽しめます。ペーパーレスのフィルター付属ですが、好みに合わせて紙フィルターも使用可能。コーヒーの淹れ方の幅が広がります。上位機種に劣らないスペックを低価格で楽しめるのが最大のポイント。

30代 女性

母の日のプレゼントで購入しました。見た目もおしゃれで紙フィルターがいらないのですぐに使えて簡単なので喜んでくれました。

参照元:Rakuten

操作パネルが使いやすいRussell Hobbsの「ベーシックドリップ」

Russell Hobbs

「ベーシックドリップ」7620JP(ミルなし) 価格帯:6,620円〜(小売希望価格:7,700円(税込))

海外家電のようなスマートな見た目のRussell Hobbs 「ベーシックドリップ」。幅15.5cm /奥行き20.0cm /高さ27.0cm、重量1.3kg。デザインはもちろん機能も充実、かつ操作はシンプルで満足度の高い一品。

Point -ポイント-

Russell Hobbs 「ベーシックドリップ」は、どんなインテリアでも馴染む優秀なデザインが特徴。10年のロングセラーを経て待望のリニューアルを果たし、抽出温度が5%アップ。高い抽出温度とパーマネントフィルターの効果で、豆の油分までじっくりと楽しめます。タイマー機能付きで朝起きてすぐに淹れたてのコーヒーが飲めるのも嬉しいポイント。美味しいとおしゃれを叶えてくれる一台です。

30代 女性

満足です。持っていたラッセルホブスのコーヒーメーカーが壊れたので、同じメーカーで価格帯のものを購入しました。
コンパクトだし使いやすい。予約が出来てこの価格はコスパ良し。朝起きてリビングに入るとコーヒーの薫りがするのは幸せな気持ちになれます。我が家では必需品だったので、即日発送は助かりました。頼んだ翌日に届くのは嬉しいです。

参照元:Rakuten

持ち運べていつでも淹れたてが楽しめるBRUNO「電動ミルコーヒーメーカーBOE080」

BRUNO

「電動ミルコーヒーメーカーBOE080」(ミル付き) 価格帯:6,050円~
色展開:ベージュ・カーキ・ピンクベージュ

いつでもどこでも手軽に美味しいコーヒーが飲める、BRUNOの電動ミルコーヒーメーカー。おしゃれな家電が得意なブランドならではのスタイリッシュさが魅力。1人用なので、幅75.0cm/奥行き75.0cm/高さ23.4cm、重量600gと、持ち運びできる超軽量サイズ。

Point -ポイント-

BRUNOの電動ミルコーヒーメーカーは、アクティブでコーヒー好きな人に最適。片手で持てるコンパクトさ・充電式なので、仕事場や出先でもお気に入りの一杯を楽しめます。これまでのコーヒーメーカーとは全く違うコンセプトに脱帽。フィルターはステンレスメッシュで、紙のフィルターは不要。豆を挽く・ドリップするまでの全てが、小さな本体一つで完結します。

30代 男性

この一本で全てが済む為楽ちんです。ミルの音も想像以上に静かです。あと、職場での引き立てのコーヒーは格別です。

参照元:Rakuten

【母の日におすすめ!】コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーを母の日のプレゼントに選ぶときにはいくつか注意する点があります。コーヒーメーカー選びは「飲みたいコーヒーの種類」「操作性」「お手入れにかかる手間」「サイズ」「機能」「価格」などを基準に考えます。

コーヒーメーカーを母の日のギフトに選ぶときには、お母さんのライフスタイルや好みを重視しながら選ぶことがポイント。お母さんが欲しいものや求める機能を中心に選ぶことで長く愛用してもらえるギフトになりますよ。

忙しいお母さんには「使いやすさ」「お手入れの簡単さ」を重視して

毎日の家事や仕事で忙しい時間を過ごしているお母さんに美味しいコーヒーでほっと一息ついて欲しいなら、コーヒーメーカーのお手入れや淹れ方に手間がかからないものを選ぶのがおすすめ。忙しい毎日でも淹れるまでのステップが短いものや手軽にお手入れできる物だと、お母さんが毎日使うのが苦にならず長く愛用してもらえますよ。

お手入れの部品が少ないものや工程がシンプルなコーヒーメーカーだと安心ですね。

普段から機械系が得意じゃないというお母さんの場合には、使い方が難しいものやお手入れが複雑なものはすぐに使わなくなってしまう可能性もあります。コーヒーメーカーは水を使う製品なので、手入れや洗浄などの定期的なメンテナンスは必須です。メカが苦手というお母さんは使った後のお手入れの工程が大変だとだんだん使うのが億劫になってしまう可能性もあります。できるだけ長く使ってもらえるように、操作が簡単でお手入れしやすいコーヒーメーカーを選ぶようにしましょう。

こだわりがあるお母さんにはコーヒーを淹れる楽しみも味わってもらう

普段からコーヒーが好き、またはこだわりを持っているというお母さんには母の日の記念になる機能満載の高性能なコーヒーメーカーを贈ってみてはいかがでしょうか?コーヒーブレイクには好きなコーヒーを存分に味わってもらいたいもの。好きなコーヒーを淹れる工程や時間を丸ごと味わってもらえる機能が付いているものを選ぶのもおすすめです。

Point -ポイント-

コーヒーメーカーには主に「豆の挽き方(グラインド/ミル)」「蒸らし」「ドリップ」「保温」などの機能があります。特に挽き方や蒸らし時間を調節できる機能があるとコーヒーの濃さやコク、深みが好みや気分で調節出来ます。

品質や機能にこだわると価格も高くなりますが、お母さんに満足してもらえる品質や高機能、こだわりのある商品選びをしたい人はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

普段からリラックスタイムをゆっくり使っているお母さんや、丁寧な生活を心がけている人にはゆったりとコーヒーを淹れて楽しむ時間も味わってほしいもの。コーヒーを淹れる工程や体験も楽しんでもらいたいなら、抽出工程が複雑でダイナミックなものを贈るのもおすすめ。お湯やコーヒーが上下する工程がまるで理科の実験のように視覚的な面白さのあるサイフォン式なども喜んでもらえます。

コーヒーそのものの品質や淹れる行為を楽しんでもらえる余裕があるお母さんには、ぜひお母さんの好みをリサーチして実用的ながらも記念になるギフトを選んでみてくださいね。

まとめ

コーヒーの香ばしい香りは部屋の中に漂うだけで癒しの時間になります。自宅にいながら本格派コーヒーを味わう時間はお母さんの忙しい毎日に欠かせないひと時になるはずです。

使うたびに「子どもから母の日のギフトにもらった」「お嫁さんがくれた」と贈った人のことを思い出すコーヒーメーカーは趣味と実用性を兼ねた素敵なギフトです。

お母さんのライフスタイルや好み、機能をポイントにコーヒーの深い味わいや淹れる時間そのものが楽しくなるコーヒーメーカーはきっとお母さんの生活をさらに豊かに彩ってくれるはずですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Tomoko Kamada

kamadatomoko_writer

四国在住フリーライター。保有資格は、幼稚園教諭・保育士・AEAJアロマインストラクター・アロマセラピスト・英国式リフレクソロジスト。今までに健康、育児、アロマ、恋愛、企業紹介、グルメ、ギフト、取材記事など多数執筆。猫と本と美味しいものがあれば幸せ。

-お母さん, コーヒー, 母の日